なすぺんブログなすぺんこと那須洋美の徒然日記です♪

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |


東京チカラめし、試してみた。 02:58
 先日、Twitterなどで『東京チカラめし』についてつぶやきましたが、早速食べてみました。
 本日はそのレポを。
 そんなこと日記にするまでの内容でもないんだけど、呟くには長くなるかなーと思って。

 なんのことかさっぱりわからない方は、この日記の最後にMSN産経ニュースのソースを貼り付けておくので、よかったら見てみてください。
 新しく牛丼業界に参入した「焼き牛丼」のお店です。

 池袋店の前は今までも通ったことはあったんですが、全く興味がなかったので、そこにそれがあるんだという認識すらしていませんでした。
 喫茶店か何かがあった場所に何か食べ物屋さんが出来たなー、ぐらいで。
 今回、WEBニュース見てちょっと興味持っても、「池袋のどこにあるのかな」と、すぐにはピンときませんでした。

 今日店の前をたまたま通って、「ああ、コレね! あったあった」という感じ。

 池袋店はカウンターのみ。
 よくある牛丼屋さんという感じの広さです。
 10席以上あるかな。
 テイクアウト可ということだったので(御徒町2号店は非対応らしい)、勇気を出して入ってみました。
 あたい、ラーメン屋とかはおひとりさま出来るのに、牛丼屋はいまだに敷居が高いのです。
 普段牛丼食べないからってのもあると思います。

 お店は混んでました。
 ほぼ、満席。
 券売機で食券を買ってから気づいたんですが、満席の店内、殆どのお客さんがまだ料理を食べていませんでした。
 つまり、待ってる人がいっぱいいるということ。
 注文が入ってから焼く『焼き牛丼』なので、こりゃ待たされるかも……と思ったら、案の定きっちり10分待ちました。
 10分なんて大した時間じゃないけど、牛丼屋で10分ってちょい長めかなあと。
 それに、店内が狭いので、テイクアウト客の居場所がないんですよ。
 他のお客さんの邪魔になるので気を遣いながら立って待っていると、10分結構長いです。
 あたしはそもそも食べるの自体が遅い子なので、牛丼屋さんにそこまで速さを求めたことはないけれど、「15分あったら牛丼屋に入る」と公言する男子もいるので、彼らにはこの10分は余計に長く感じられることでしょう。

 味は、なんというか、焼肉ランチでした。
 焼肉屋さんのサービスランチに、こういう丼ものありそうだな、っていう感じ。
 肉が焼いてあるわけですからね、そりゃ、そうだ。
 牛肉のっけた丼だから牛丼なわけですけど、牛丼っていう印象は全くないです。

 ガーリックねぎ牛丼とか挑戦してみたかったんですけど(笑)、ガーリック臭漂わせるわけにはいかない用事があったので、最初はプレーンを! ということで、普通の焼き牛丼並盛をチョイスしました。
 煮込む牛丼に比べて、肉は厚いです。
 そりゃそうですよね。
 で、カリッと焼いてあって、1枚1枚が大きいです。
 玉ねぎはほんの少し。

 特記すべきは、事前情報として知ってはいましたけど、これが280円ということでしょうね。
 焼肉屋さんのランチは1000円前後しますから、それよりランクが下がるにしても280円っていうのはやっぱりすごいなあと思いました。

 普通の牛丼より重い感じもしましたが、人気出そうな感じです。
 今日既に満席だったし、人気出てるのかな。最早。

 近くにある方は是非、行ってみてください♪
 悪くないと思います。

------------------------------------------------------------------------------
(MSN 産経ニュースより)
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/120226/biz12022618010006-n1.htm

“集大成”肉が一番うまい食べ方 東京チカラめし「焼き牛丼」

 牛肉を煮込むのが当たり前だった牛丼で、焼いた牛肉を丼に盛った「焼き牛丼」の人気が上昇中だ。居酒屋などを運営する三光マーケティングフーズ(東京都豊島区)が昨年6月に展開を始めた「東京チカラめし」の看板メニューである。若者のアルコール離れなどで居酒屋市場が縮小するなか、拡大傾向にある牛丼市場に目を付けた。斬新なアイデアで吉野家、すき家、松屋の御三家に挑んでいる。

 昼時の東京・人形町。オフィスビルも多いこの町の一角にある「東京チカラめし人形町店」は、昼食を求める会社員で連日にぎわう。人気の「焼き牛丼」は、注文が入ってから牛肉を焼き上げる。店員ができたての商品を運ぶなり、注文客は男性も女性もおいしそうにほお張る。煮込んだ牛丼とはひと味違った新鮮さと、みそ汁がついてキャンペーン価格280円と財布に優しいのも人気の理由だ。

 2年前。三光マーケティングフーズ創業者の平林実社長は、新たな収益の柱を探していた。少子高齢化やアルコール離れ、長引く景気低迷による節約志向で、主戦場の居酒屋市場は、すでに縮小の一途をたどっていたからだ。「食の安全・安心財団」によると、居酒屋市場は平成4年の1兆4629億円をピークに下降、22年は9949億円にまで縮小している。
 「外食人生40年。集大成となる新たな業態を築いて従業員に残したい」。そこで目をつけたのが牛丼だった。かつては吉野家が築地市場の大衆食堂であったように肉体労働者のイメージがあったが、今や押しも押されもせぬ国民食となり、「日常食として幅広い年齢層のニーズが安定してある」と見込んだからだ。実際に牛丼市場は、調査会社の富士経済によると24年の市場規模は16年比約9割増の3500億円で、27年は3680億円に拡大する見込みという。

 昨年の正月明け、アイデアを練り続けてきた牛丼チェーンを実行に移すときがきた。21年以降、アルコールやフードを270円で販売する激安居酒屋「金の蔵Jr.」など新業態を打ち出してきたが、市場縮小の波から逃れることはできなかった。

 新境地での最大のテーマは、牛丼でありながら既存大手3社とは確実に差別化すること。「後発で同じ土俵ではいけない」(平林社長)ためだ。そのため、煮る以外の蒸す、炙る、いためる−あらゆる調理法を社内のキッチンで試した。牛肉は柔らかくて味の良い米国産牛肉を選んだ。

 「ひとつ作っては試食を繰り返し、社長からは再試作までにもっといいものを作るよう求められる日々でした」。商品開発担当の中里友彦営業本部第5営業部長は、おなかをさすりながら当時を振り返る。肉の量やたれの味付けなど細かい調整を繰り返し、中里部長をはじめとする開発チームが試食した数は200杯は下らない。
 試行錯誤のうえ「焼くのが肉のうま味を最も引き出せる」(平林社長)と「焼き牛丼」に決定。次に、煮込むように大鍋で一気に調理できないものを客にいかに早く提供するか、という壁が立ちはだかる。ファストフードは客側が素早い提供を求めるのはもちろん、店側は単価が安いだけに客席の回転率をいかに上げるかが至上命題となるからだ。

 開発チームは国内各地の調理機器メーカーを駆け回った。焼けるのは早いがむらがある、うまく焼けるが時間がかかる…結果、オーダーメードで業務用オーブンを開発。空き時間に肉を網に並べておくなどし、店舗によっては5分足らずでの提供時間を実現した。

 この焼き牛丼をベースに「ガーリックねぎ牛丼」(380円)や「焼きチーズ牛丼」(同)などの応用商品や季節限定商品、「焼き牛定食」(480円)など豊富な商品ラインアップを構成。既存商品の改良も続けながら、飽きさせない工夫を凝らす。

 池袋や新宿、渋谷などの都心から横浜、千葉、埼玉まで、「東京チカラめし」の店舗は1号店開店からわずか8カ月で47店舗(26日現在)にまで急拡大した。将来的には全国300〜500店舗体制も視野に入れている。
 業界ではすき家や松屋も牛丼を280円で販売。吉野家も含めた3社の値引きキャンペーン競争も激しい。東京チカラめしが出店する駅前は外食のみならず小売店とも競合する。一方で、BSE(牛海綿状脳症)問題で輸入規制されてきた米国産牛肉について、政府が規制緩和の動きに乗り出したことは追い風ともなる。「焼き牛丼」は国民食の仲間入りを果たせるのか。三光マーケティングフーズの手にかかっている。(金谷かおり)

 ◇

 【三光マーケティングフーズ】昭和50年創業、JR神田駅のガード下に定食屋「三光亭」を開店。平成3年に居酒屋「酒菜屋 東方見聞録」を渋谷に出店、9年ごろから居酒屋チェーンを拡大。15年にジャスダック、16年に東証2部上場。21年以降、格安居酒屋「金の蔵Jr.」などが注目される。23年6月、「東京チカラめし」1号店を池袋に出店。ほかにうどんチェーンの「楽釜製麺所」、パスタ店「東京スパゲッチ」なども手がける。


※クリックで投票してね。励みになります♪↓

0
    | 食べものはどーこーだー? | comments(0) | trackbacks(1) | posted by なすぺん(那須洋美)

    節分のお仕事【その3】 23:17
    その2のつづき】


     ゲストさんたちが持っている升の中には、福銭が入っています。



     ほら貝を持ったお坊さんがいらっしゃいまして、ゲストさんや一般参加の年男さんが豆を撒くタイミングで吹いていました。



     因みに、豆撒きを外からみた写真がこちら。



     すんごく小さいけど、松平健さんとか、錦野旦さんが見えるかしら。
     ピーポ君とかはわかりやすいかな。
     これは、一般参加の方と同じ目線で撮った写真なので、ブログ掲載オッケーみたいです。

     ゲストさんが豆を撒いたあと、一般参加の方が豆を撒き、それが1日に5回繰り返される、中々ハードなイベントでした。

     ゲストの方々は、胸元に名前の入ったリボンをつけています。
     松平健さんなら『松平健』、錦野旦さんなら『錦野旦』といった具合に。
     ただ、名札ではなく、『年男』というリボンをつけている方もいらっしゃいました。

     錦野さんが、

    「隣にいた人が『年男』って書いたリボンつけててさ、この人としおさんっていうのかって思ってたら、それからとしおさんがいっぱい現れてさ。よくかんがえたら、『としお』じゃなくて『としおとこ』ってことだよなあ」

    と仰っていて、笑ってしまいました。
     お気持ちわかります。
     あたしも最初、としおって思いましたもの。


     そんなわけで、今年の節分は無事、幕を下ろしました。

     来年からは、あたしもスキルが上がって、もう少し役に立つ子になっているかしら。


     12月に受けた試験、合格したもようでして。
     賞状と、たてを戴きました。



     きものアドバイザー1級、これを持っていてすぐに何かの役にたつというものではないのかもしれないけれど、今年の秋に受けるきものコンサルタントの試験を受けるためには必ず通過しておかなければならない試験なのです。
     とりあえず、安心。

     ただ、この時受けた筆記試験が100点ではなかったようで、(84点)、一体何を間違えたのかが気になります。
     追試の場合しか答案の返却がないんだそうです。
     100%正しいと思って記入したテストなんで、何が違うのか見当がつかないのです。
     このままでは同じ過ちを今後も繰り返してしまう……。


     新しく始めた仕事も、最初は勉強からしなければならないそうで、明日はその1回目の授業があります。
     なんだか今年はお勉強が多い1年です。

     先週あたりからぐずついている風邪、重症にはならないんですが、ずうっとスッキリしないままあたしの中に停滞しております。
     今日は身体は問題なく元気だけれども、喉がね、ダメで。いきなり声がカッスカスになりました。
     朝は、喋ろうとしても息が漏れる音しかしない状態でした。
     夜になっていくらか声が出るようになりましたが、トーンが低くしわがれて、ばーちゃんみたいです。
     明日は着付教室と、夜はその座学の日なので、特に声を必要とすることはないんですが、明後日はしゃべらなきゃいけない仕事なので、なんとか明後日までにもとに戻らねば。


     世間ではノロだのインフルだの、色々流行っておりますからね。
     みなさまもご自愛くださいませ。


    ※クリックで投票してね。励みになります♪↓

    0
      | たわごと | comments(2) | trackbacks(0) | posted by なすぺん(那須洋美)

      節分のお仕事【その2】 23:13
       【その1のつづき】

       ピーポ様にツーショットお願いしました。



       あああ可愛い。
       ピーポ様。
       可愛い。

       ピーポ様は頭がおっきいので重いみたいで、待機している間両手でほっぺを支えていたので、それがまた後ろから見て可愛いかったです。
       耳がひっかかるから、豆を撒くときも中々出入口を潜れませんでした。
       ああ可愛い。
       鼻のてっぺんが削れてるのは何ででしょう。

       そして、キティさんもいました。



       ノリノリで写真を撮ってくれたのは、イータ君。



       イータ君って知らなかったんだけど、国税庁のキャラクターなんですね。
      『国税電子申告・納税システム(e‐Tax)のイメージ定着のため、シンプルで親しみやすいオリジナルキャラクターとして平成16年10月1日に誕生しました。 名前は、e‐Taxをより多くの人に知ってもらうために、e‐Tax(イータックス)に由来して「イータ君」と名づけられました。』とのこと(国税庁のプロフィールより)。

       そんなイータ君が豆を撒いているところを後ろから激写。
       下に、袋を広げた人々が、豆を拾うべく集まっているのも写っています。



      その3につづく】


      ※クリックで投票してね。励みになります♪↓

      0
        | きもの | comments(0) | trackbacks(0) | posted by なすぺん(那須洋美)

        節分のお仕事【その1】 23:11
          去る2月3日、着付のお仕事で高幡不動尊へ行ってまいりました。
         ちょっと遅くなりましたが、その時に色々写真を撮ったので、久々に日記を更新したいと思います。

         写真の量が多いので、あまり一気に載せると携帯から開けなくなるようですし、分けてアップしますね。



         さて。
         駅でみかげさんと待ち合わせをしまして、まずは一緒にお参りをしました。



         朝早くて他に誰もいなかったので、お賽銭箱の前で二人で自分撮り☆
         そう、この日朝早かったんですよ。
         着物を自分で家で着て、高幡不動に8時すぎに集合だったので、5時半に起きなきゃいけなかったのです。
         夜型生活になっていたのと、前日に沢山寝すぎたのと、寝なきゃいけないっていうプレッシャーとでとにかくこの日は全く寝付けず、結局寝たのは朝4時くらいでした。
         起きられるかどうかが心配で、Twitterで寝付けない寝付けないってつぶやいていたら、朝5時半に起こしてくれた友達いました。
         うは! なんて優しい子なんだ! いいやつに認定しよう!!
         みかげさんも、メールくれました。
         有難う有難う。
         朝から、幸せの気持ちなりました。
         5時半に起きても、一発できものが着られなくって結局バッタバタでしたけどね。

         でも、あとで分かったんですが、他の方はあたしたちより集合が1時間早かったんですって。
         着付の先生が、「この子たちは今回初参加だし、家が遠いから」って、1時間集合を遅くしてくださったみたいです。
         ってことは、来年以降もまた参加するのであれば、こんどは4時半起きってことですよね……。
         まあ、早い。

         何のお仕事だったかと申しますと。
         高幡不動尊では、毎年節分の日に、その年に年男であるタレントさんやキャラクターなどのゲストを呼ぶので、その方々に裃や袴をお着せしたりお脱がせしたり、お茶をだしたり下げたりするお仕事なのであります。
         ミス日本さんと、ミスきものさんと、ネイチャーさんと、水の天使さん、4名の美しいミスさんたちに振袖をお着せして、日本髪を結うというお仕事もありますが、これは着付習って半年のあたしが到底出来るお仕事ではなく、着付のお仕事歴30年の先生たちがやられます。
         若手はとにかく、お茶だし部隊です。

         今年の主なゲストさんは、松平健さん、錦野旦さん、つのだ☆ひろさん、山口もえさん、陽月 華さん、ミス日本グランプリ(他3名)、ハローキティ、ピーポ君、イータ君、ピーノ君。

         基本的には、その年に年男であるタレントさんが呼ばれるのですが、つのだ☆ひろさんは毎年いらっしゃるんだそうです。
         つのださんは、沢山着物をお持ちで、毎年違う着物をお召になるんだとか。
         着物の上に裃と袴を着用しながら、

        「俺はハローキティーと同じでキャラクター枠だから毎年呼ばれるんだよ」

        と仰ってました(笑)。

         タレントさんたちの写真は、肖像権の関係で、ブログには載せられません。
         なので、みかげさんはタレントさんそっちのけでお坊さんの行列を激写していました(笑)。



         この日、ヘアメイクで参加していた麻里ちゃん(レッドフェイスさんの舞台で4回ほどお世話になった、腕のいいメイクさんです)も、

        「坊さんの激写をした人は初めてだ」

        と、この写真を見てコメントしていました。
         山積みになった、みんなが脱ぎ捨てたゴムサンダルの図が壮観だなあ、という話になれば、それもすかさずパシャリ。
         みかげさんのこういうセンス好きです(笑)。
         潔いし。


         タレントさんの写真は載せられないんですが、キャラクターの写真はオッケーなので、撮ってきました☆


         タレントさんが豆を撒いている間、草履をお預かりしたり、巻き終えた後に豆の入っていた升を
        お預かりしたりするお仕事もありまして。
         そこで、あたしの愛するあのお方が待機しているのを、見つけました。



         あの!
         あの後ろ姿は!!

         何か、かっこよくないですか(笑)? 

        その2へつづく】


        ※クリックで投票してね。励みになります♪↓

        0
          | きもの | comments(0) | trackbacks(0) | posted by なすぺん(那須洋美)

          モツバーグ、うまし。 02:18
            写真の撮り方が悪くてうまそうに見えないのですが、これ、見た目も味もとってもGoodでした。



           弟が作ってくれた、ロコモコ。
           このロコモコのハンバーグ、牛もつで作ってあるんです。

          「モツを使ったハンバーグが600円くらいで売っている。うまいらしい。でも、600円も出す気にならない。そこで、自作して見ようと思う」

          ということらしく。

           これはかなりのヒットでした。
           表面は焼きめがついてパリッ。
           中は、とろっとろ。
           焼くときに相当脂が出て、焼けたかどうか串を指してみたときもじゅわっと肉汁があふれたので、よほどコテコテしたものが完成するかと思いましたが、意外とさっぱりしてました。
           モツを煮こぼしてからミンチにしたからでしょうかね?
           ミンチにしたモツをたまねぎや砕いたお麸と混ぜるのに使ったボウルも、べたつかず、お湯だけでキュッキュと汚れが落ちました。
           あ、そうだ、パン粉の代わりにお麸を砕いて入れるといいんだそうです。
           弟がつくるハンバーグはいつもお麸です。

           ソースは、玉ねぎとかオイスターソースとかで適当に作っていましたが、これもうまかったです。

           また作ってもらおうと思います。
           うまかったー。
           とにかく幸せだったー。


          ※クリックで投票してね。励みになります♪↓

          0
            | 食べものはどーこーだー? | comments(0) | trackbacks(1) | posted by なすぺん(那須洋美)

            あけましておめでとうございます。 01:38

              あけまして、おめでとうございます。
             みなさま、正月を満喫してますか?

             あたくし、年賀メールというものが昔から苦手でございまして。
             戴くのはね、大好きなんでございますよ。
             とても嬉しいんですけれども、送るのがね、苦手なんでございます。
             理由はわからないのです。
             ハガキによる年賀状は大好きで、大量に送るくせに、何故か年賀メールだけは毎年ためこんでしまうのです。
             タイミングだろうか。
             年内に大掃除やらなにやら頑張って力尽きているから、正月に頑張れないということなんだろうか。

             そんな中、戴いたメールに返信ではなく、あたしから率先して年賀メールを送るようなことがあった場合は、それは大変レアなんですよ(笑)。
             威張ることじゃねえか。
             すみません。

             いま、返信したいメールがたまりにたまっております。
             今日明日は来客があってバタバタするので、徐々に返します、しばしお待ちくださいませ。


             さて、アップがべらぼうに遅くなりましたが。
             先日、東京に小包が一つ、届きました。



             これは!
             これはトレノ!
             パンダトレノ!!
             赤いのも! 白いのも!!

             先月、日記に『欲しい』と書いたのだけれど、金欠ゆえに我慢していたトレノのマウスが、届いたのであります。
             送ってくれたのは、日記を読んだお友達であります。

             時期的にクリスマスだったので(笑)、『友達がサンタクロース♪』と歌ってしまいました。

             幸せクリスマスー。
             いろいろ幸せな年末でした。


             なんだかんだ、基本的にはわたくし幸せに日々を送っております。
             2012年、皆々様にも幸せな年でありますように。

             今年も宜しくお願い致します。



            ※クリックで投票してね。励みになります♪↓

            0
              | うっほほーい♪ | comments(3) | trackbacks(0) | posted by なすぺん(那須洋美)

              修了証書 03:47
                帰宅とともにこたつで果ててしまったり、帰りが遅くなったりでアップが遅れましたが。
               勉強しなきゃ勉強しなきゃと騒いでいたきものアドバイザー1級の試験、無事終わりました。
               結果はまだ出ていませんが、まあ大丈夫だと思います。
               100点取れてなかったとしても、90点台は確実でないかと。

               来年受けるきものコンサルタントの試験はこうはいきませんが……それにしたって、今回のきものアドバイザー1級の試験を通過しないと受けられないので、とりあえずプチ安心です。

               今回は、一夜詰め込み型だったので、正直全部身にはついていません。
               その分来年苦労することになりそうなので、来年はそうならずに済むように、コツコツ勉強したいと思います。


               さて。
               試験の日は年内最後の授業。
              『修了証書』を3枚戴きました。



               入門課程、初修課程、中修課程をそれぞれ修了いたしました。
               これからは高修過程を学びます。

               一緒に写っているのは、一緒に通っている佐野みかげさんです。
               みかげさんは女優さんなのでブログ顔出しオッケーなのですが、写りがイマイチだったのでパンダをかぶせさせて戴きました(笑)。
               授業中に他の生徒さんにお願いしてシャッターを押してもらってるので、何回も撮り直すわけにもいかず。

               先生が、この日授業を受けた生徒全員に、クリスマスプレゼントを下さいました。
               この日は5人いたかな?

               あたしのはコレ。



               正直、こんなに素敵なものを戴けるとは思ってなかったので、感激しました。
               ピンキリとは言っても、そこそこお値段します。
               それぞれの生徒が欲しいものを考えて、生徒にあったものを選んでくださったんです。
               着物を着るときはいつも母の草履を履いているという話をしてあったので、あたしには草履だったんです。
               刺繍衿を戴いた生徒さんもいて、それもとても素敵でした。

               夜は、忘年会と称して、先生とそのお孫さん(小学生)と先生のお父様と、スナック的なところへ行きました。
               すべての世代に共通した歌とかわからず。
               結局、先生が入れてくれた高橋真梨子の五番外のマリーとか歌ってしまいました。
               カラオケで歌ったの初めてだ、マリー(笑)。


               そんな年末。


               26日の夜に東京を出ることになりました。
               帰ったら実家の手伝いが相当あるので……帰りたいような怖いような。

               さあ! 明日は仕事最終日!
               頑張るぞ!


              ※クリックで投票してね。励みになります♪↓

              0
                | うっほほーい♪ | comments(3) | trackbacks(0) | posted by なすぺん(那須洋美)

                グロい顔 04:23
                  これ困ったことに。
                 今年の夏から、吹き出物ハンパないです。

                 ニキビって、今までは出来てもおでこか口周りでした。
                 頬に出来たのは初めて。
                 しかもこんな大量に!

                 夏にですね、自分のベッドじゃなくて、家族のベッドで寝たのが原因です。
                 皮膚科の先生の見解では、菌を貰ってしまったんではないかという話。
                 その家族は頬に吹き出物がいっぱい出ますから。今のあたしくらいに。

                 皮膚科に行っても治らず、湯船に毎日浸かるようにしても治らず。

                 ずいぶんてこずりましたが、だいぶよくなってきました。
                 よくなった写真がコチラ(グロ画像注意)↓



                 まあ、グロい。
                 ごめんなさいね。

                 普段はメイクをしているので、ここまで肌が荒れていることに気づいている人は少ないかもですが、よくなってコレなんですよ。
                 酷いときはもっとひどくて、膿んじゃってて、超痛かったです。
                 それで流石に皮膚科に行ったわけです。

                 ほっぺだけはつるつる自慢だったのにorz
                 首まで荒れてます。
                 写真にもちょっとだけ、首のぶつぶつが写ってます。
                 ああ、早く、元に戻りたい……。


                 まあ、でも、治療の一環で始めたお風呂でのスキンケアが、おかげさまでマイブームになりました。
                 クレイマスクがやめられない。
                 マスク落としたあと、すべすべすぎる。

                 今日はお風呂の中でTwitterチェックしました。


                 昼寝のしすぎでちっとも眠れないので日記更新。
                 明日から、業務内容が新しくなるので、朝から大変だと思います。
                 いくらなんでももう寝なきゃ。
                 寝不足は肌荒れの元ですからな。こんな時間に慌てても、もう手遅れだけど。

                 おやすみなさい。


                ※クリックで投票してね。励みになります♪↓

                0
                  | ギャオーーース!! | comments(2) | trackbacks(0) | posted by なすぺん(那須洋美)

                  これはよいものだ。 02:53
                    実家帰ったときにあって、あまりによいものだったからオカンにその感動を伝えたら、オカンが送ってくれた。



                   これ、激落ち君とかを販売しているメーカーさんなのね。
                   ググったら、持ち手の付いているタイプとかいろいろあった。

                   ってか、激落ち君を販売しているメーカー、凄いな。
                   すっごく沢山の素敵なもの出してるな。
                   ホームーページを見て、感嘆のわたくしなのです。


                  ※クリックで投票してね。励みになります♪↓

                  0
                    | おススメしちゃうであります! | comments(0) | trackbacks(0) | posted by なすぺん(那須洋美)

                    シュールすぎるおもちゃ 23:32
                      先日、幼馴染の結婚式に出席したと書きましたが、昨日はそのぶうさん(あだ名)の新居に遊びに行ってきました。
                     そもそもは外で逢ったんだけど、

                    「洋美がそんなに金欠なんだったら、うちにある食材持ってく?」

                    と呼んでくれたのです……かたじけない゚(゚´Д`゚)゚
                     沢山ありすぎて中々消費出来ないのよー、と言いながら、すごく沢山分けてくれました。

                     これだけ炭水化物があったら、あたい年が越せるよm(_ _)m


                     さて。
                     ぶうさんの可愛い可愛い息子、もうすぐ1歳ということもあって、べらぼうに愛らしかったです。
                     ちょこちょこよちよち走り回るけど、まだはっきりとした言葉は喋れない。
                     ごきげんににこにこ笑ってて、おしりに触っても嫌がらない(←ヲイ

                     そんな息子君のベビーカーに、シュールすぎるおもちゃがついていたので、思わず写メを撮ってしまいました。



                     なんだこれ!
                     すげえ好きだ、このセンス(笑)。

                     本当は犬用の商品だとかで、一度洗ってから子どもに与えたそうなんですが、息子君もこの鮭が大好きなんだそうです。
                     鮭の口の部分が哺乳瓶のニップルに似ているかららしいです。



                     とにかくあたしは好きだ。
                     なんというか、かっこよすぎる。

                     3匹セットで戴いたとのことだったんだけど、あとの2匹はなんだっけかな?
                     イカと、あじの開きかな?

                    『新巻鮭 犬のおもちゃ』でググったら、色んな商品が出てきました(笑)。

                     

                     

                     

                     犬を飼っている人にとっては物珍しくもないのかもしれないけど。

                     でもあれだな。
                     あじの開きと、新巻鮭が、やっぱりあたしにはヒットだな。
                     いつかあたしが子どもを生むことがあれば、こういったぬいぐるみを嬉々として集めたいと思います。


                    ※クリックで投票してね。励みになります♪↓

                    0
                      | わくわくなのだ♪ | comments(0) | trackbacks(0) | posted by なすぺん(那須洋美)

                      << | 2/70 | >>