なすぺんブログなすぺんこと那須洋美の徒然日記です♪

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |


異臭騒動 09:56
 昨日の出来事。

 ある個室にあたしはいました。
 全体で5畳くらいでしょうか? いびつな細長い形で、いくつかのパーテーションで区切られています。ひとつひとつの区間はとても狭いです。

 その狭い空間にいたのは、あたしを含めて2名でした。
 もう1人は37歳男性。
 仕事をしていました。

 狭いながらも多くの人間が出入りする部屋ですが、午前中は人が少なくだいたい2〜3名しかいません。
 その、あたしとKさん(仮名)しかいない事務所で、事件は起こりました。
 


 何について話していたのかはもう覚えていません。
 が、あたしとKさんがヒタッと動きをとめて眉をしかめた瞬間のことはよく覚えています。
 あたしたちは何らかの世間話をしていて、不意に強く鼻を刺激する異臭に気付き、顔を見合わせたのです。


「……臭い……」
「臭いよね……」


 即座に窓と入り口のドアをあけるK氏。
 昨日は非常に天気がよかったのですが、窓をあけると冷たい風が吹き込んできます。
 外から来た匂いなのか? とも思ったのですが、廊下や窓の外のほうが明らかに室内より澄んだ空気でした。

 異臭は一瞬で、寒い思いをして換気をすることで一旦は収まりました。


 が。


「臭いです……」
「え? また?? ……うわっ、来た……臭い!」


 匂いは再び襲ってきました。
 また窓を開けます。扉を開けます。
 匂いのモトとして考えられそうなものは全部排除しようということになり、あたしたちはゴミ捨てをしました。



 でも、本当はわかっていたのです。




 これはゴミが発する匂いじゃない。




 極端なことを言ってしまいますと、これはンコの匂いでもない。





 オナラの匂いなんです。





 オナラ以外の何者でもない匂いなんです。





 狭い事務所にいたのはあたしとK氏。
 どちらかが発したとしか思えない匂いなんです。




 あたしたち2人はそれを判りながらも、敢えて2人以外の何か、外部的な原因を探ろうとしました。
 2人のどちらかであって欲しくなかったのです。
 ハンパない臭みでしたから。




「でも、冷静に客観的に考えてしまう自分もいるんだよ」



 K氏はとうとう言いました。



「どう考えてもこれはオナラの匂いで、ここには僕達2人しかいない」




 あたしは勿論、オナラをしたつもりはありません。
 K氏もそう言います。




「でも、硫黄の匂いがするんですよね……」
「事務所のどこかに腐った卵が落ちてるとか」
「……」
「……」




 その匂いは、涙を流して笑ってしまうくらい、笑いがとまらないくらい強烈でした。
 ヤヴァい臭さです。
 しかし、臭うのは瞬間でした。
 一瞬ハンパない悪臭が鼻をつくものの、すぐに消えるのです。
 腐った卵など臭いのモトがずっと室内においてあるなら臭いは継続して漂うでしょう。
 下水工事も又然りでしょう。




 頭の中で、『MEN'S 5』の『ヘーコキましたね』という曲がぐるぐるぐるぐる流れ始めました。



ヘーコキましたね



 その後、3〜4回の悪臭騒動があり、遅番の社員I氏(仮名)が出勤してきたのを機に異臭騒動は収まりました。
 I氏の香水のおかげなのか?
 I氏の吸うタバコの煙の消臭効果なのか?
 そして臭いのもとは何(誰)だったのか?

 わかりません。

 2人の『してないです!』という主張がどちらも本当だとしたら、どちらかが無意識のうちにガスを漏らしていることになるわけなのですが……真相は闇の中へ。


※クリックで投票してね。励みになります♪↓

0
    | たわごと | comments(7) | trackbacks(0) | posted by なすぺん(那須洋美)

    Comment








    じつは、そこにはこっそりもう一人いたのです。

    そう、地縛霊が。

    そしてその異臭は、ポルターガイストなのです。



    …んなわけ無いか。
    posted by ワン太郎 | 2006/12/12 2:02 PM |
     地縛霊のオナラ(笑)!
     一体何の目的で……とか考えたら笑ってしまいました。
     目的なんかないか。出物腫れ物ところかまわずというのは、死後もなお続くと言うことでしょうか。うはは。
    posted by なすぺん | 2006/12/12 2:52 PM |
    鬼ちゃんは、いつも屁をこきまくってます。

    ごめんなちゃい!
    posted by 墓場鬼太郎 | 2006/12/24 4:41 PM |
    >墓場鬼太郎さま
     うむ、素直でよろしいっ(>Д<)ゝ”
    posted by なすぺん | 2006/12/31 12:26 AM |
    12月31日の大晦日に、めっちゃ暇だったので、
    ららぽーと豊洲に行って、ついでにビバホーム豊洲に行ったら、
    二階に行くエスカレーターみたいなもので、前に立っていた貧乏臭い爺に屁をこかれた!
    その爺、自分がやったくせに、前の奴の所為にするように、手で仰ぐ真似をしやがったので、鬼ちゃんは、ちゃんと聞こえるように、『この屁コキムシ爺』と言ってやった!

    プンスカ!!
    posted by 墓場鬼太郎 | 2007/01/02 4:00 PM |
    もしかして、
    屁なのではなく、
    暇だったので一杯反芻していた那須パイのゲップなのでは?
    posted by 墓場鬼太郎 | 2007/01/02 4:02 PM |
    >墓場鬼太郎さま
     オナラの犯人って、なぜかわかっちゃいますよね。

     あたしはゲップなんかしてないもーん!
    posted by なすぺん | 2007/01/03 12:02 AM |
    Trackback
    この記事のトラックバックURL: http://diary.nasupen.com/trackback/430267
    << NEW | TOP | OLD>>