なすぺんブログなすぺんこと那須洋美の徒然日記です♪

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |


【呑象】おうのas藤井紅葉さま 01:19
  初代おうのちゃん。
 究極の天然ガール、藤井紅葉(べには)さま。

 

 思えば、レッドフェイスさんとのご縁も、あたしにとってはこのベニーなしではなかったもの。

 2007年3月、カンニング竹山さんの番組『恋愛中毒』のロケでベニーと出逢い。
 2009年12月、そのベニーがプロデュース公演をすることになり、その折に何故か1回逢っただけのあたしをベニーが思い出してくれて、その公演の作・演出を窪田あつこさんがやってくださって。
 2010年12月、そのクボアツさんの紹介で、レッドフェイスさんの『爾汝の社』に呼んで戴けて。

 クボアツさんを初めて拝見したのはあたしが22歳くらいの頃。
 共通の知人も何人かおり、客席からは拝見する機会も多かったのですが、ちょうどあの頃あつこさんは舞台から離れている時期だったので、ベニーがいなかったらご一緒するのは難しかったでしょう。
 ベニーがいるから、あたしは今ここにいるわけなのですよ。

 ベニーは、天然すぎて、最初逢ったときはびっくりします。
 びっくりを通り越すと、とにかく面白くて目が離せなくなります。
 こんなに不器用に生きている女の子がいるのかと。
 いとおしくて癒されます。

 なんというか、この『とんでもなさ』は真似出来ません。
 ダンサーには踊れない踊りを踊ります。

 義理堅くて、一生懸命で、応援したくなる、それがベニーなのであります。


 ベニーがおうのを演るのは初演につづき2度目ですが、今まで観たベニーのなかで、おうのが一番合っていると思います。
 お客さんが味方になってくれるようなおうのちゃんですよね。


※クリックで投票してね。励みになります♪↓

0
    | 舞台稽古日記 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by なすぺん(那須洋美)

    Comment








    Trackback
    この記事のトラックバックURL: http://diary.nasupen.com/trackback/1066426
    << NEW | TOP | OLD>>