なすぺんブログなすぺんこと那須洋美の徒然日記です♪

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |


崩壊 23:39
 大変な地震でした。


 Twitterが頑張っていますね。
 Twitterは混雑してダメだろうとふんでいたのですが。
 Twitterで随分情報を得られました。

 Twitterで悪いニュースを呟くと、今被災されて救助を待ちながら頑張っている方が希望を失ったり、ショックを受けたりするということで、わたくし今は必要と思われる情報の拡散以外なるべくおとなしくしています。

 津波のあった地域の状況を今初めてテレビで見ています。
 帰宅したところです。
 これは、沢山の方が……。
 胸が痛いです。
 自分も怖い思いをしたけれど、こんなもんじゃない酷い被害に、言葉がないです。


 今朝、家を出るときに、弟が「気をつけていくんだよ」とあたしに言いました。
「うん」と返事をしたのに、しばらくしてからまた「本当に気をつけていくんだよ」と繰り返すので、「どうしたの今日は」と聞いたところ、「いや、わからないけど、今日は姉ちゃん危ない気がする」と言い、あたしも「うん、じゃあ、まあ気をつけるよ」と答えたのであります。

 虫の知らせというものでしょうか。


 勤務先は地下2階にあります。
 今日は14時10分から15時00分までが食事休憩でした。
 社員食堂が9階にあるので、お弁当を持って、同僚と3人で食事をしました。
 社員食堂を出たのは14時45〜48分頃だったかなぁと思います。

 バックヤードは複雑な、迷路のような作りになっています。
 9階からB2階に降りる過程で、7階の売り場を横切ったりします。

 その売り場を歩いているときに、地震がきました。

 歩いている時は揺れに鈍感なもので、最初は暢気に、工事でもしているのかと思いました。
 店内改装とかで、簡易的な白い壁で覆って中で営業中も工事を進めることがありますよね。
 それだと思ったんです。
 壁がガンガン動いていたので、すごく激しい工事だなと思いました。

 次の瞬間立っていられなくなって、地震だと悟りました。

 壁がゆれていたのは、床が割れていたからでした。
 向こう岸とこっち岸が完全に離れてしまっています。
 天井が崩れ落ちて、コンクリ片と粉塵で視界が真っ白になり、目と喉が酷く痛くなりました。
 天井が落ちているその最中、のんびりとした綺麗な声で、

「当店の建物は耐震構造ですので、安心です」

というアナウンスが流れていたので、うーそーつーけー!!! 今ちっとも安心じゃねえぞ! と思いました。
 大き目の地震がくるといつも流れるアナウンスです。


 長い地震でしたね。

 倒れてくる棚を押さえ、退路を確保するためにドアを押さえ、必死でした。
 同僚の一人が使い捨てマスクを持っていて、揺れがおさまってから分けてくれました。
 どんどん天井からコンクリ片が剥がれ落ち、泣き叫ぶ人々の声の中で、今朝の弟の「気をつけてね」という声を思い出していました。


 
 こんな怖い思いをしたことがなかったので、地震が収まっても身体が興奮状態でした。
 幼い子どもが、大声で泣きじゃくったあとのように、器官なのか胃なのかがぜいぜいと呼吸しづらい状況でした。
 7階の売り場からバックヤードの入り口に差し掛かるところで地震が来たから、落ちた天井で怪我をせずに済んだのです。
 売り場にいたら負傷していたかもしれません。
 また、バックヤードの奥に進んでいたら、これもまた負傷していたかもしれません。
 通路沿いの棚に積んであったものが崩壊して通路は完全に塞がれ、通路にあったアンパンマンの巨大なぬいぐるみが埋もれてしまっていました。
 お客様と負傷者を優先して避難させ、閉店のレジ閉め作業をして、閉鎖された更衣室の開くのを待ち、19時頃ようやく建物を出ました。


 酷い崩壊の最中は「安心なんてうそだ!」とアナウンスにキレていたわたしですが、今にして思えば確かにあの建物は耐震構造です。
 揺れが、ぐるんぐるんと円を描くように、力を逃がすような軌道を描いているように感じました。
 ま、でも世の中に絶対なんてないから、怖いことに変わりはないけどね!
 大なり小なり怪我人は出たしね!


 明日、うちの職場は可能な限り営業するそうです。
 上の階の崩壊を見ているので信じられない決断だと思いましたが、明日はシフトが入っているので行かざるをえません。
 ま、あたしが働く地下はたいした被害がないのですが。
 出勤の際の地下鉄に乗るのが怖いです。
 地下鉄はどうにも逃げ場がないですからねぇ……。


 家では、たまたま休みをとっていた弟がいい仕事をしていました。
 液晶テレビが落ちたり、皿が落ちたりしましたが、皿に関しても、弟がすみやかに棚から下ろしたので、下ろしている真っ最中に弟が下ろすのを待たずに落ちてしまった2つを除いては守られていました。
 弟は、
「俺の『おとこのどんぶり』が!」
とか騒いでいますがw

 お風呂場に水をためたり、窓を開けたり、包丁立てを下ろしたり、倒れそうなものをあらかじめ倒したりしてくれていました。
 家の中はしっちゃかめっちゃかですけど、被害は最小限に食い止められたと思います。
 あいつマジよくやった。



 今も余震が続いています。


 どうか。
 どうか一人でも多くの命が、長らえますように。
 苦しむ人が増えませんように。


 自分の大切な人じゃなくても、大切な人にとって大切な人かもしれなくて、もう何かこういうの、本当に悲しいです。

 怖いよぅ。



 今夜また地震が来るかも、という情報がTwitterで出回っています。
 真偽は定かではありませんが、存分に皆様、お供えくださいませ。


※クリックで投票してね。励みになります♪↓

0
    | ギャオーーース!! | comments(0) | trackbacks(0) | posted by なすぺん(那須洋美)

    Comment








    Trackback
    この記事のトラックバックURL: http://diary.nasupen.com/trackback/1066312
    << NEW | TOP | OLD>>