なすぺんブログなすぺんこと那須洋美の徒然日記です♪

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |


やはり 11:17
 なー。
 やっぱりあれは泣けるのな。
 何回聞いても泣けるもんなー。
 しつこいようですが、先月日記に書いたあの曲がニュースになってたので日記を書いてみたり。

 今日はぽかぽかぬっくいね。
 幸せの気持ちなー。

 那須家のばーちゃん(95)は、只今風邪っぴき中だそうです。
 平熱35℃なのに38℃あるそうで……大丈夫かなぁ。

-----------------------------

涙なしには聴けない…植村花菜「トイレの神様」大ヒットの予感
(3/5 8:06 サンケイスポーツ)

「涙なしには聴けない」と評判の歌「トイレの神様」が、10日の発売を前に大ヒットのきざしを見せている。死者をテーマに歌い、ラジオで人気に火がついた共通点を持つ「千の風になって」を思い起こさせる現象に、発売元のレコード会社は初回出荷枚数を当初の3倍以上に増やしたほど。亡き祖母の思い出を元に作ったシンガーソングライター、植村花菜(27)は「この歌が、おばあちゃんへの恩返しになれば」と神妙な面持ちだ。
歌詞はおばあちゃんと暮らす小3のころから始まる。
トイレには それはそれはキレイな女神様がいるんやで だから毎日キレイにしたら 女神様みたいにべっぴんさんになれるんやで…
おばあちゃんからそう聞いて、せっせとトイレ掃除に励むが、やがておばあちゃんや家族と行き違い、家を飛び出してしまう。そして迎えるおばあちゃんの死…。
アコースティックギターの調べに乗って、おだやかな植村の歌声に感謝と後悔の思いが交錯する。聴く人の脳裏にも、それぞれの物語が重なり、共感が涙を誘う。
9分52秒もの長い歌だが、今年1月、大阪・FM802で流れたところ、ネット掲示板に「初めて聴いたのに、涙が止まらない」「祖母を思い出した」という書き込みが100件以上も殺到。さらに、全国ネットのニッポン放送でオンエアされるや、リクエストが相次ぎ、植村の元には全国のテレビ局から出演オファーが数多く寄せられた。
発売元のキングレコードによると、同曲を収録したミニアルバム「わたしのかけらたち」の初回出荷が、全国のレコード店からの要請で、当初3000枚から1万枚以上になったという。同社は「ライブなどの問い合わせも多く、スタッフも大わらわです」と、うれしい悲鳴を上げている。
テノール歌手、秋川雅史(42)の「千の風になって」も死者をテーマに歌い、同じくラジオから火がついて、秋川は06年に紅白歌合戦に初出場。翌07年にミリオンヒット&オリコン1位を記録した。その時の状況に非常によく似ている。
植村は「おばあちゃんは4年前に亡くなりました。優しくて、でも厳しくて、よくケンカもしましたが、いつも私のことを気にかけてくれました。私が今、元気で明るく笑っていられるのも、おばあちゃんのおかげ。この歌が恩返しになればいいな」としみじみ。天国のおばあちゃんが喜ぶような、紅白出場を果たせるヒットとなるか!?


※クリックで投票してね。励みになります♪↓

0
    | 携帯からこんにちは | comments(0) | trackbacks(1) | posted by なすぺん(那須洋美)

    Comment








    Trackback
    この記事のトラックバックURL: http://diary.nasupen.com/trackback/1038624
    亡き祖母の思い出を元に作ったシンガーソングライター、植村花菜(27)は「この歌が、おばあちゃんへの恩返しになれば」と神妙な面持ちだ。
    | トイレの神様 | 2010/03/08 10:13 AM |
    << NEW | TOP | OLD>>